ブログ内検索

  • Loading

関連商品

  • CSR企業白書2022年版
  • CSR企業総覧 雇用・人材活用編2022年版
  • CSR企業総覧 ESG編2022年版
  • 指標とランキングでわかる!本当のホワイト企業の見つけ方
  • 指標とランキングでわかる!本当のホワイト企業の見つけ方[ランキング編]
  • CSRデータベース
Powered by Six Apart

他のアカウント

« 10年間で女性管理職比率が上昇した会社の平均PBR上昇率を大きく上回ったのは・・・ | メイン

2022年7月22日 (金)

CSR企業白書・男性育休取得率の平均値は31.3%(494社、2022年版)

CSR調査担当Kです。

来週月曜日発売の『週刊東洋経済』7月30日号の特集は
「徹底評価!ニッポンのSDGs&ESG」です。
ぜひご覧いただければと思います。

さて、今回はここでも取り上げています
「男性の育児休業取得率」をご紹介します。

まずは、『CSR企業白書』2022年版掲載の数字をご覧ください。

育児休業取得率(男性):31.3%(494社)
 製造業 :27.8%(258社)
 非製造業:35.1%(236社)
(出所:『CSR企業白書』2022年版)

CSR企業白書』2022年版には業種別の数値も載っています。

ちなみに1年前の『CSR企業白書』2021年版の
数字はこのようになっています。

育児休業取得率(男性):28.9%(393社)
 製造業 :26.7%(200社)
 非製造業:31.1%(193社)
(出所:『CSR企業白書』2021年版)

回答数も増えていますし、率も着実に上がっています。


さらに『CSR企業白書』の創刊号(2017年版)ではこのような数値でした。

育児休業取得率(男性):12.1%(173社)
 製造業 :  9.5%(93社)
 非製造業:15.2%(80社)
(出所:『CSR企業白書』2017年版)

比率だけでなく、この間に回答企業が増えたことが印象的です。
企業の関心の高さがうかがえます。

まだ短期取得者が多いようですが、
今後どのように変わっていくか興味深いところです。

(CSR調査担当K)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/532877/34251158

CSR企業白書・男性育休取得率の平均値は31.3%(494社、2022年版)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近のトラックバック

アクセスランキング