ブログ内検索

  • Loading

関連商品

  • CSR企業白書2021年版
  • CSR企業総覧 雇用・人材活用編2021年版
  • CSR企業総覧 ESG編2021年版
  • 指標とランキングでわかる!本当のホワイト企業の見つけ方
  • 指標とランキングでわかる!本当のホワイト企業の見つけ方[ランキング編]
  • CSRデータベース
Powered by Six Apart

他のアカウント

« 東洋経済CSRデータは多くの方にお使いいただいています。 | メイン | 副業・兼業を認めている会社は38.2%の444社(2022年版) »

2021年12月14日 (火)

統合報告書を発行している会社は39.3%の472社(2022年版)

CSR調査担当Kです。

昨日、 東洋経済「第17回 CSR調査」業種別集計結果2022年版

が印刷所から送られてきました。

回答企業へのお礼としてお送りするために印刷していますが、
私も手元において、ときおり眺めています。
すると新たな発見があったりします。

集計内容は『CSR企業白書』2022年版(2022年4月発行予定)にも掲載しますので、
そちらもご参考になさってください。


さて、『CSR企業総覧』2022年版、最初の「イチオシ!データ」では、この集計から
統合報告書を発行している会社」をご紹介します。

まずは結果をご覧ください。

「あり」:39.3%(472社)
「なし」:43
.2%(519社)
「作成予定」:13.4%(161社)
「その他」:4.1%(49社)
(出所:CSR企業総覧2022 東洋経済「第17回CSR調査」業種別集計結果)


ところで、5年前はこのようになっています。

「あり」:19.7%(201社)
「なし」:64
.9%(663社)
「作成予定」:6.3%(64社)
「その他」:9.1%(93社)
(出所:CSR企業総覧2017 東洋経済「第12回CSR調査」業種別集計結果)

「あり」、「作成予定」は倍増となっています。

すっかり一般的になった統合報告書ですが、
内容のレベルについてはまだ企業間で大きな差があるようです。

開示基準を統一していこうという動きも広がっていますが、
個人的にはグローバル企業以外には合っていないものも少なくないように感じています。

こうした企業も無理やり合わせていくのか、もう少し実態に合ったものにしていくのか、
どう変わっていくかをしばらく注意深く見ていきたいと思います。

(CSR調査担当K)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/532877/34242127

統合報告書を発行している会社は39.3%の472社(2022年版)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近のトラックバック

アクセスランキング