ブログ内検索

  • Loading

関連商品

  • CSR企業総覧 雇用・人材活用編2017年版
  • CSR企業総覧 ESG編2017年版
  • 指標とランキングでわかる!本当のホワイト企業の見つけ方
  • 指標とランキングでわかる!本当のホワイト企業の見つけ方[ランキング編]
  • CSRデータベース
最近のツイート
facebook
Powered by Six Apart

« 2016年版 LGBTへの対応・基本方針「あり」173社を紹介します | メイン | CSR企業総覧2016年版の電子書籍の発売を開始しました。 »

2016年1月14日 (木)

2016年版 CSR活動のマテリアリティを設定している会社は44.9%の428社

CSR調査担当Kです。

来週は第7回東洋経済CSRセミナー「就活生をターゲットにしたCSR活動ってアリ?」を開催します。
席はまだ空いていますので、ご興味のある方はお申し込みください。
お申し込みはこちらです。
http://toyokeizai-csr-seminar160121.peatix.com/



さて、本日は、
「CSR活動のマテリアリティを設定している会社の比率」をご紹介します。


マテリアリティは「重要性」のことで、幅広いCSRの分野や対象の中で
自社の中心的な課題を設定し重点的に活動することを決めることが重要とされています。
この設定についてはいろいろな考え方もありますが、まずは集計結果をご覧ください。

■活動のマテリアリティ設定
「あり」:44.9%(428社)
「なし」:45.2%(431社)
「設定予定」:7.9%(75社) 
「その他」:2.1%(20社)
(出所:CSR企業総覧2016 東洋経済「第11回CSR調査」業種別集計結果)
http://www.toyokeizai.net/csr/pdf/syukei/CSR_syukei2016_2.pdf

 

このように「あり」と「なし」の差がほとんどなくなってきました。

ちなみに昨年はこのような結果でした。

■活動のマテリアリティ設定
「あり」:41.7%(388社)
「なし」:48.4%(451社)
「設定予定」:7.8%(73社)
「その他」:2.0%(19社)
(出所:CSR企業総覧2015 東洋経済「第10回CSR調査」業種別集計結果)

http://www.toyokeizai.net/csr/pdf/syukei/CSR_syukei2015_2.pdf

2年前「あり」が38.9%(356社)でしたので着実に増加しています。
今後、どのように変化していくか注目です。

(CSR調査担当K)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/532877/33712801

2016年版 CSR活動のマテリアリティを設定している会社は44.9%の428社を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近のトラックバック

アクセスランキング