ブログ内検索

  • Loading

関連商品

  • CSR企業総覧 雇用・人材活用編2017年版
  • CSR企業総覧 ESG編2017年版
  • 指標とランキングでわかる!本当のホワイト企業の見つけ方
  • 指標とランキングでわかる!本当のホワイト企業の見つけ方[ランキング編]
  • CSRデータベース
最近のツイート
facebook
Powered by Six Apart

« 東洋経済CSRデータ開発チームが本格的に始動しました。 | メイン | 9月30日のCSRセミナー申し込みを開始しました。 »

2015年7月27日 (月)

2015年版 CSR活動の報告を紙とWebで行っている会社は53.6%の556社

CSR調査担当Kです。

9月30日開催予定の第6回東洋経済CSRセミナーでは、
「CSR・ESG情報の開示」をテーマにすることが決まっています。
今、日本橋CSR研究会のMLでタイトルを決めているところです。


こうした情報はどのような媒体で開示されているのでしょうか。
今日のイチオシデータは「CSR活動の報告媒体」をご紹介します。

まずは結果をご覧ください。

紙のみ:2.9%(30社) 
Webのみ:28.0%(291社)
紙とWeb:53.6%(556社)
作成予定:11.3%(117社)
その他:4.2%(44社) 
合計:1,038社
(出所:CSR企業総覧2015 東洋経済「第10回CSR調査」業種別集計結果)

http://www.toyokeizai.net/csr/pdf/syukei/CSR_syukei2015.pdf

これを見ると「紙とWeb」が主流のようです。
最近、「紙を出さなくなった」という会社も時々聞きますので、
「Webのみ」は今後さらに増えていく可能性も高そうです。

さて、CSR情報といっても、社会貢献活動の報告から環境会計、女性活用の数字など
幅広いものがあります。

会社によって開示の重点をどこに置くかはそれぞれでしょうが、
主に誰に見てもらいたいかで開示情報は変わってくるような気がします。

このような点を含めて、来月のセミナーではじっくり考えていきたいと思います。

(CSR調査担当K)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/532877/33489799

2015年版 CSR活動の報告を紙とWebで行っている会社は53.6%の556社を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近のトラックバック

アクセスランキング