ブログ内検索

  • Loading

関連商品

  • CSR企業白書2021年版
  • CSR企業総覧 雇用・人材活用編2021年版
  • CSR企業総覧 ESG編2021年版
  • 指標とランキングでわかる!本当のホワイト企業の見つけ方
  • 指標とランキングでわかる!本当のホワイト企業の見つけ方[ランキング編]
  • CSRデータベース
Powered by Six Apart

他のアカウント

« 第5回東洋経済CSRセミナー終了しました。 | メイン | 2015年東洋経済CSR調査は今月末に開始します。 »

2015年5月28日 (木)

5年間で女性管理職比率が増加した会社ランキングの一部をご紹介

CSR調査担当Kです。

久しぶりにランキングをご紹介します。
2009年と2014年を比較した女性管理職比率増加ランキングです。

すでに年末から雑誌で2回紹介しているのですが、上位5社だけご紹介します。

このようになっています。

■女性管理職比率増加ランキング

順位 社名 業種 増加ポイント 14年女性管理職比率(%) 14年女性管理職数(人) 09年女性管理職比率(%) 09年女性管理職数(人) ROE(%)
1 第一生命保険 保険業 12.4 18.4 667 6.0 157 2.7
2 三菱UFJニコス その他金融業 10.3 11.8 102 1.5 14
3 船井総研ホールディングス サービス業 9.4 11.2 15 1.8 2 10.1
4 丸井グループ 小売業 9.0 16.7 5 7.7 3 3.7
5 松屋 小売業 8.6 18.2 33 9.6 16 15.1

(出所)『CSR企業総覧』2015年版、『CSR企業総覧』2010年版
(注)2009年から2014年の女性管理職比率の増加ポイントで上位5社をランキング。女性管理職比率を『CSR企業総覧』2015年版(2014年)、『CSR企業総覧』2010年版(2009年)のいずれも開示し、2014年の女性管理職数が5人以上存在する338社が対象。未上場も含む。ただし、2009年と2014年で基準が大きく異なることが明らかな企業は除外。持ち株会社化等による開示企業の変更についても考慮していない。管理職の定義は部下を持つ、または部下を持たなくとも同等の地位にあること。管理職には部長職も含む

上位企業はもともと女性社員が多いですが、2009年から2014年で着実に増加しています。
しかし、このような会社は実は少数派です。
中には減っている会社もあります。

このあたりは別途、記事等でまとめてもいいかもしれません。

(CSR調査担当K)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/532877/33418389

5年間で女性管理職比率が増加した会社ランキングの一部をご紹介を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近のトラックバック

アクセスランキング