ブログ内検索

  • Loading

関連商品

  • CSR企業白書2017年版
  • CSR企業総覧 雇用・人材活用編2018年版
  • CSR企業総覧 ESG編2018年版
  • 指標とランキングでわかる!本当のホワイト企業の見つけ方
  • 指標とランキングでわかる!本当のホワイト企業の見つけ方[ランキング編]
  • CSRデータベース
最近のツイート
facebook
Powered by Six Apart

« 「ホワイト企業」という言葉をよく聞くようになりました。 | メイン | 電子書籍を5冊作成しました。 »

2013年12月 6日 (金)

統合報告書を発行している会社は12.7%の118社(2014)

CSR調査担当Kです。


年末になり、今年1年を振り返ることが増えました。
CSRの世界では今年何が話題だったかなと考えると、
やはり「統合報告」だったかなと思います。

そこで今回は、統合報告書を発行している会社をご紹介します。
まずは結果をご覧ください。

「あり」:12.7%(118社)
「なし」:
73.4%(680社)
「作成予定」:5.9%(55社)
「その他」:6.5%(57社)
(出所:CSR企業総覧2014 東洋経済「第9回CSR調査」業種別集計結果)

http://www.toyokeizai.net/csr/pdf/syukei/CSR_syukei2014.pdf

  

ちなみに前回は少し質問が違いますが、
「財務諸表とCSR報告の統合レポートの発行について」で以下のようになっています。

「あり」:11.4%(100社)
「なし」:
78.4%(688社)
「作成予定」:3.8%(33社)
その他」:6.5%(57社)
(出所:CSR企業総覧2013 東洋経済「第8回CSR調査」業種別集計結果)

http://www.toyokeizai.net/csr/pdf/syukei/CSR_syukei2013.pdf
調査は2012年6月から10月に行っています。

これを見ると少しずつ増加しているようです。

さて、CSRには毎年話題になるテーマがあるように思います。
たとえば、私がCSRを見ていて感じるのはこのようなテーマです。

2010年:ISO26000
2011年:東日本大震災復興支援
2012年:CSV
2013年:統合報告

「CSVも2013年」とおっしゃる方も多いかもしれませんが、私は2012年の方がCSVのことをよく聞いたような気がします。

もちろん、これらのテーマは1年で終わるものではなく、長く取り組む必要があるものばかりです。
各社のCSR活動にあわせてうまく取り込んでいただきたいと思います。
ただ、流行のセミナーに次々と参加して、インプットばかりという担当者の方もいらっしゃるとかいないとか・・・

さて、来年はどのようなテーマが話題になるのでしょうか?

(CSR調査担当k)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/532877/31987445

統合報告書を発行している会社は12.7%の118社(2014)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近のトラックバック

アクセスランキング