CSR企業白書・男性育休取得率の平均値は31.3%(494社、2022年版)

CSR調査担当Kです。

来週月曜日発売の『週刊東洋経済』7月30日号の特集は
「徹底評価!ニッポンのSDGs&ESG」です。
ぜひご覧いただければと思います。

さて、今回はここでも取り上げています
「男性の育児休業取得率」をご紹介します。

まずは、『CSR企業白書』2022年版掲載の数字をご覧ください。

育児休業取得率(男性):31.3%(494社)
 製造業 :27.8%(258社)
 非製造業:35.1%(236社)
(出所:『CSR企業白書』2022年版)

CSR企業白書』2022年版には業種別の数値も載っています。

ちなみに1年前の『CSR企業白書』2021年版の
数字はこのようになっています。

育児休業取得率(男性):28.9%(393社)
 製造業 :26.7%(200社)
 非製造業:31.1%(193社)
(出所:『CSR企業白書』2021年版)

回答数も増えていますし、率も着実に上がっています。


さらに『CSR企業白書』の創刊号(2017年版)ではこのような数値でした。

育児休業取得率(男性):12.1%(173社)
 製造業 :  9.5%(93社)
 非製造業:15.2%(80社)
(出所:『CSR企業白書』2017年版)

比率だけでなく、この間に回答企業が増えたことが印象的です。
企業の関心の高さがうかがえます。

まだ短期取得者が多いようですが、
今後どのように変わっていくか興味深いところです。

(CSR調査担当K)

コメント(0)